読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレミニマリストの捨て日記 ~妊婦の100日間ミニマリスト挑戦~

二人目出産まで100日間でミニマリストを目指していました。出産後挑戦継続中です。

ミニマリスト挑戦5日目 ~また使えるというもったいない根性、収納という甘い罠にまんまとはまる~

5/100

今日は午前中にずっとお世話になっている漢方内科へ行ってきました。
順調ということで、妊娠後に処方してもらった十全大補湯が一日2回から1回に減りました。当帰芍薬散は継続して一日2回です。
帰り道、今日は何が捨てられるかなと午後の計画を練りつつ帰りました。

こんまりさんによると手始めは必ず自分の洋服だそうですが、午後しか使えないので中途半端になるなと子供の赤ちゃんの時からの服やあれこれを整理しようと決めました。
自分の洋服を捨てるハードルの高さを認識していて、無意識に言い訳して回り道をしているのかもしれません。

なにはともあれ、まめちゃんの準備にもなるしといいように解釈して、さっそく作業に取り掛かりました。
押入れの奥の方から、段ボールをいくつも出して、一つずつ開けて、中身を確認していきます。

新生児用のものは思ったより多くなかったのですが、それでも一つずつ見てみると、シミがあったり、黄ばんでいたり、くたくただったり、どれも魅力的ではなくて。
着る期間は少ないけど、新しいものを少し買おうと決めて、どんどん捨ての山に積みます。
汚れていたり、くたびれていたりするものは判断しやすくて助かります。
どうしてこんなのをとっておいたのかななんて過去の自分の判断力に疑問を投げかけてみたりしつつ、快調に捨てられました。

1歳半から保育園に預けたのですが、そのころから卒園するまでの服は同じようなものが本当にたくさんありました。
お着替えを保育園に3着ずつ置いておかなければならないということもあったのですが、数がある分、どれも割ときれいで、捨てにくい。
今度は女の子とはいえ、保育園では確かスカート禁止だしということで、女の子でも着られそうなものは残すことにしました。
とりあえず、まめちゃんが着終わったら捨てようという予定を立てられるので甘くなってしまいました。

残すもの、捨てるものそれぞれにして、残すものをサイズ分けしてまた段ボールに仕舞います。
段ボール自体は押入れの上だったり、下だったりあちこちに点在していましたが、中身は大体サイズごとになっていたので、一つずつ片付けていったのですが、これがちょっと失敗。
数枚100の箱に90が紛れ込んでいたり、110の箱に100がまとまっていたり。
何度も一度しめた段ボールを開けて、詰め直してをしてしまいました。
やっぱり、全部を出して、一気にカタをつけるという片づけのプロこんまりさんの方法が間違いなさそうです。

詰め直した段ボールを今度は押入れの下に全部サイズ順に並べて今日は終了。

ベビーカーが嫌いでいつも抱っこだった息子のために大活躍してくれたスリングや二人目妊活を始めたときに、まだ上の子を抱っこしないとならないから二人目はこれでおんぶしようと買った未使用のエルゴなども出てきて、一安心。
まめちゃんグッズを確認し、仕舞い直して、どこに何があるかわかってるっていいなあと肩の荷をおろして。

そこで、ふと見ると。
あんなに何がどこにあるかわからなくぎゅうぎゅうだった押入れ、意外とすっきり入っていることに気付きました。
もしかして、収納、充分にあるのかも。
ミニマリスト佐々木さんの『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』には“まず「収納という巣」を捨てる”とありました。

まさか押入れは捨てられないけれど。
仕舞えているから、出ていないから大丈夫という甘い考え、収納という素晴らしい罠にかからないようにしなければと気を引き締めた5日目でした。


☆今日捨てたもの☆
子供服(0~4歳)・・・4.9kg

 


↑プレミニマリストが本当のミニマリストになれるまでぜひ経過を見守ってください♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
↑ランキングに参加しています。励みになります。クリックお願いします♪